これから創業を始めるあなたのために①|創業までの流れ

当セミナーは、これから創業を始めるまたは創業を考えているあなたにとって「どのような準備が必要」かをお伝えする内容となっています。第1節では、創業までの流れ、創業前にチェックすべきこと、創業者が苦労することについてお話しします。当セミナーが創業を考えている方のお役に立てれば幸いです。

「創業」から「成長」し「発展」するストーリー

まずは、事業を始めるにあたり、「創業」から「成長」し「発展」するストーリーを描いていきます。最初に取り組むこととして、創業をするにあたっての検討項目の内容をそれぞれ書き出していきます。この検討項目で重要となるのが「理念」です。「理念」とは事業を行う上で基本となる普遍的な価値観や考え方であり事業の軸となるものです。他には「家族や協力者の理解」「行う事業の業種や市場規模や今の市場の状況」などを書き出してください。これらのことを検討したうえで、創業の決断をした後は、株式会社などの「法人」とするのか「個人事業」でスタートするのかを決める必要があります。「法人」か「個人事業」を決めるには、顧客や取引先との対外的な面や法人税と所得税の税率の違いといった税務面を考えるのが一例となります。そして、どちらでスタートするか決めた後には、事業を始める上で必要な「資金調達」や「設備投資」または「人材」を調達または雇用する方法を考えます。いわゆる「ヒト、モノ、カネ」を考え、計画を策定します。これらのストーリーをしっかりイメージすることが「夢の実現」へとつながります。

次にどのようなチェックが必要か一緒に確認していきましょう

まず、創業を考えている事業について「こういうことをやってみたい」または「こういうことで役に立ちたい」と自身の夢を語りましょう。「どこで、誰に、どの様に、何を提供するのか」「なぜその商品(サービス)なのか」「いくらで提供するのか」を考え、「いつ開始するのか」を具体的に話しながら整理しましょう。人に話すことで「新しい情報を手に入れることができる」とともに自身の考えを整理することが出来ます。
続いて整理しながら「その仕事は自分に向いているか?」を考えてください。どのような仕事で創業するにしても、始めたら簡単にやめることが出来ません。簡単に儲かるからとか、人が勧めるからといった周りに流されて短絡的な理由だけで始めてしまった場合、創業後に起こり得る様々な障害を乗り越えることは難しいでしょう。創業を検討するにあたり、必ず「自分に向いているかどうか」「続けることができるかどうか」を考えた上で創業を決めてください。
自分に向いているかどうかで大切なことは、「経営者としてその事業に取組覚悟があるか」ということです。自身が経営者として仕事を行う以上は大きな責任が就いてきますので、その覚悟が必要となります。
いくら自分がその気になっても、お客様がいなければ仕事になりません。「世の中に必要な商品・サービスか」「その商品・サービスを求める人が一定数以上いるのか」そして「その商品・サービスが社会的に必要とされるか」を考えてみて下さい。いくら求められる商品・サービスであっても、道徳的にまた法律に抵触する内容では問題となります。 自身の事業がお客様に喜ばれるか、社会に貢献できるかといった点を確認してみて下さい。

創業者が創業にあたって「苦労した」または「苦労している」ことの確認

資金調達するには、まず創業にあたって「いくら必要か」を明確にします。運転資金や設備資金などを踏まえ「いくら必要か」を算出したうえで、自身の貯金で準備するのか、金融機関から借りるのか、また家族から借りるのかなどを考えます。創業時の資金計画の甘さは、事業開始後の資金繰りに悪影響を与える場合があり、最悪資金がショートすれば廃業せざるえないため、現実をしっかり見据えた資金計画の策定を心がけて下さい。
事業開始後において一番苦労するところであり、「顧客の創造」がしっかりできていないと非常に集客に苦労します。本当に「良い商品・良いサービス」であっても、お客様にそれを伝えるのは難しいことため、事業開始前に伝え方を考えておくことが重要です。 
少子化の影響などにより人材の確保は年々難しくなっており、確保後も「教育」や「効率の良い勤務体制」などの課題が付きまといます。また、労働時間やその他の労働条件といった労働基準法への理解も必要となります。あらゆる業種で人件費は経費に占める割合が高いため常に管理が必要な項目となります。
「仕入先・外注先の確保」「相談できる相手がいない」など創業者には様々な苦労があるため、それらを回避するためにはあらゆる想定が必要です。創業し自身の夢を実現するには多くの苦労を伴いますが、それらを乗り越えたときはより一層の達成感ややりがいを得られるでしょう。そして、一人では乗り越えられない問題も誰かと力を合わせれば乗り越えられることも可能となります。

創業にあたり問題や悩みを抱える方々に対して・・・

弊社も寄り添い一緒に解決できるよう尽力させて頂ければ幸いです。
今回は「創業をしてみたい・・・」と考えている『あなた』が、「事業を起こすとはどんなものか」「どんな苦労があるか」を説明しました。次回は具体的に必要な基礎知識をお話ししますので、是非ご視聴ください。