贈与

贈与と相続のどちらが得か?で悩んだら、まずミッドランド税理士法人にご相談下さい

 

贈与と相続はどちらが得か?

生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、自分の財産を人に分け与えることを言います。
一般的に、贈与に対して発生する贈与税は、相続で発生する相続税よりも基礎控除額が低く、税率も高くなっているため、贈与は相続よりも不利になることが多いです。

しかしながら、平成27年1月1日以降適用の税制改正によって、贈与に対する優遇措置が盛り込まれていますので、この機会に是非検討してみましょう。
※詳しくは、贈与を活用した相続税対策をご覧ください

贈与税の税率と相続税の適用税率で単純比較した場合、一般的には贈与税の方が、相続税よりも税負担が大きくなるため、一般論ではなく、個別具体的に相続時と贈与時の税額の違いを比べてみないことには、相続と贈与のどちらが得なのかはわかりません。

 

贈与税と相続税の適用税率の比較表(平成27年1月1日現在)

贈与税(20才以上で直系尊属からの贈与)適用税率適用税率 相続税
200万円以下の金額10%1,000万円以下の金額
200万円超、400万円以下の金額15%1,000万円超、3,000万円以下の金額
400万円超、600万円以下の金額20%3,000万円超、5,000万円以下の金額
600万円超、1,000万円以下の金額30% 5,000万円超、1億円以下の金額
1,000万円超、1,500万円以下の金額40% 1億円超、2億円以下の金額
1,500万円超、3,000万円以下の金額45%2億円超、3億円以下の金額
3,000万円超、4,500万円以下の金額50% 3億円超、6億円以下の金額
4,500万円超の金額55%6億円超の金額

ミッドランド税理士法人では、相続税計算において適用される最高税率と贈与税の実効税率を比較して、お客様に最も有利な方法をご提案いたしますので、相続と贈与のどちらが得か?とお悩みの方は是非ご相談下さい。
初回相談は無料です(60分)。土日の相談も対応いたしますので(要予約)、お電話でご予約ください。

 

ミッドランド税理士法人の生前贈与無料相談とは

そこで、ミッドランド税理士法人では、相続と贈与のどちらが得か?の診断から可能な「贈与無料相談」を実施中です。
手順は以下の通りです。

手順1.まずは、お電話下さい 

お問い合わせ手順1
電話0566-23-3240(平日9:00~17:00)

お客様のご都合と弊社専門スタッフのスケジュールを調整させていただきますので、刈谷事務所か蒲郡事務所のどちらかご都合のよろしい方をお選び下さい。
ご持参いただきたい資料等がある場合は、日程調整の際にお伝えいたします。

手順2.お約束した日時に弊社までお越し下さい(無料)

サポートお約束の日時に、お伝えしました資料を持ってお越し下さい。
経験豊富な専門スタッフが、お客様がお持ちの財産や現在の相続人同士の状況などをしっかりとお伺いいたします。
その際、
・固定資産税納税通知書
・預金残高
・保有株式等
をご確認の上お越しいただければ、より具体的なアドバイスをさせていただきます。

手順3.サポート内容とお見積りの作成(無料)

契約お話をうかがい、相続と贈与の有利不利を診断させていただきます。
診断の結果、贈与を行う場合には、弊社でお手伝いさせていただく際のサポートの内容とスケジュール、費用をご提示させていただきます。

手順4.「相続税申告」の実施(有料)

対策
サポート内容・期間・費用にご納得いただけましたら、贈与のサポートをいたします。贈与税が発生する際は、贈与税申告も行います。

 

さらに詳しい内容については、相続相談@三河をご覧下さい。

 

 

刈谷・蒲郡の2拠点対応 金融機関対策・節税対策・税理士顧問ならみどり経営グループへまずはお電話ください。0566233240 無料相談受付中

 

サブコンテンツ

▲TOPへ