手作りパンから、原価計算の重要性を実感しました

  • みどり経営コラム
念願のホームベーカリーを購入しました。このところの物価高騰から、「自分で美味しいパンを作ってみよう!」と思ったからです。次は材料の購入です。強力粉、バターなど・・・、各材料、値段も様々です。そこで、“パン1斤で材料代は一体いくらなのか?”計算してみました。

パンの材料は強力粉、ドライイースト、スキムミルク、バター、塩、砂糖、水です。実際に購入した材料の値段から計算すると、1斤あたり約250円(水は除く)、予想より高額でした。材料費の約6割が強力粉です。強力粉を安価なものに変えれば、原価を下げることができます。美味しいパンを安価で、尚かつ体に良いもの作るために、色々試したいと思います。

これが商売となると、原材料の他に電気代、人件費、家賃、包装材などの固定費も考慮して利益を出さなければなりません。飲食業に限った事ではありませんが、原価計算はとても重要ですね。各商品で粗利益はいくらなのか?原材料の単価の変動はどうか?...顧問先の皆さまに対して詳細な助言ができるようになりたいと、自家製パンを食べながら思いました。

営業担当M