開業資金サポート

独立・開業する方は、開業資金無料相談実施中!

 

業種や必要設備、開業場所等にもよりますが、独立・開業時には400万円から2,000万円程度の資金が必要とされると言われています。
しかながら、現実的には開業資金のすべてを自己資金で賄うことはなかなか難しいものですし、仮に開業資金は手当て出来ても、その後の運転資金や経営者個人の生活費までは準備できない場合がほとんどです。
そのため、多くの方は開業資金の一部を借入することで事業を立ち上げています。

そこで、税理士法人みどり経営では、これから開業する方のための開業資金のご相談と日本政策金融公庫や各都道府県の制度融資を中心とした資金調達をサポートしております。

 

開業資金相談を受けるメリット

開業資金相談を受けると以下のようなメリットが得られます

  1. 開業に向けていつまでに何を準備すれば良いのかが、手順と方法が明確になります
  2. 開業時に必要な資金と不足分の調達方法がわかります
  3. 開業後に法人化する必要があるか、個人の方が良いのかが明確になります

 

開業資金相談の流れ

手順1.開業資金無料相談

まずは、開業資金無料相談(初回60分)にお申込み下さい。

電話0566-23-3240(平日9:00~17:00)

お客様のご都合と弊社専門スタッフのスケジュールを調整させていただきますので、刈谷事務所・蒲郡事務所のご都合のよろしい方にお越し下さい。


 

手順2.お客様のご要望と現状把握をさせていただきます。

弊社専門スタッフが

  • どんな事業をお考えなのか?
  • 開業後の売上や支払いの見通しはどうなのか?
  • 法人化する必要があるのか?ないのか?
  • 自己資金はいくらくらいまで準備できそうか?
  • 融資金額はいくらで申請するのが妥当か?

を確認させていただき、必要な開業資金と不足分の手当の方法について具体的に相談させていただきます。

 

手順3.開業資金サポートを実施する際の内容・スケジュール・費用等をご提示いたします

弊社でサポートさせていただく際の具体的な進め方やスケジュールをご説明いたします。
また、サポート費用もご提示させていただきますので、納得いただけましたらご契約をお願いします。

 

手順4.事業計画作成&融資申請書作成(以下は有料となります)

日本政策金融公庫を中心に、お客様に最適な融資先を選定いたします。
融資先が決まりましたら、融資先に連絡し、調整させていただきます。
融資に必要な事業計画書(資金計画表と収支計画表)と借入金申込書を作成し、弊社で申請いたします。

 

手順5.日本政策金融公庫等との面談方法の指導

借入申込書が受理されますと、次に日本政策金融公庫の融資担当者との面談があります。
面談時の質問の答え方によっては、申請金額から削られたりすることもあります。
そこで、税理士法人みどり経営では、融資担当者に必ず確認される内容や項目についての答え方や、予想される質問などを、実際に融資担当者と面談する前に、しっかりと事前指導させていただきます。

 

手順6.融資の実行

融資審査を終えましたら、融資金額と融資実行日が決定します。
指定口座に融資金額が振り込まれましたら融資の完了です。

以上が税理士法人みどり経営の開業資金サポートの流れです。安心してお任せ下さい。

 

刈谷・蒲郡の2拠点対応 金融機関対策・節税対策・税理士顧問ならみどり経営グループへまずはお電話ください。0566233240 無料相談受付中

 

サブコンテンツ

▲TOPへ